縄文土器つくり&縄ない体験

6月2日(日)士別市にて行いました。

地域おこし協力隊繋がりの道北面白人間さんが主催。

土器作ったりするのは初めてなのでワクワクさんでした。

 

前日、昼から夜中まで酒を浴び

早朝アスパラ収穫の手伝い、そこから2時間の車移動と

かなりハードな一日でした。

 

 

土器に使う粘土を取りに行って、滑らかになるよう

水と混ぜながらもみほぐしていきます。

 

結構時間がかかる。一時間以上もみもみ。

 

粘土の室によって色が違う。

良い大人(平均年齢30歳くらい)が泥遊び。

 

顔も服も汚してはしゃいでいました。

 

そしてお昼ごはん。

塩むすび!蒸野菜!手作りパン!

 

とても優しいごはんで、二日酔いもどこかに吹っ飛びました。

土器で温めた豚汁も食べました。土器から溶け出した粘土が

良い風味を出しています。

 

腹ごしらえもすましたところで朝獲りたての生乳を頂き。

 

縄ない体験。

 

ただねじっているだけのように見えて、実はねじりがほどけないような

工夫がされているのです。

初体験ドキドキしました。

 

土器つくりに関しては、まだ時間はかかりますが

形に出来るのが楽しみです。

 

自分の知らない、経験をしていないことをたくさん知っている方と

知り合えることは大変貴重です。

 

色々なことを経験して、自分のまちに還元していけたらな、と思います。

 

目指せまちのエンターティナー。

 

 

マクロミルへ登録