8月17日午前中の治安状況

●当地報道等によると、昨日は、野党オディンガ陣営による声明発表後、ナイロビのスラムで一部小規模な混乱が発生したものの、ケニア全土において平穏だった模様です。

●午前10時現在、ナイロビを含むケニア全土で、暴動や混乱発生等の情報はありませんが、警察は依然として警戒を解いていません。

●皆様におかれては、引き続き警戒して頂くとともに、外出時に危険を察知した場合は、帰宅して頂くようお願いします。

●現在の警戒区分は、「レベル1:十分注意」です。

【現在の在留邦人の行動基準】

○レベル1:十分注意

○対応:各家庭・職場で、新聞、インターネット、テレビ、ラジオ等から情報収集を行い、情勢の把握に努めて下さい。

【警備対策官からのコメント】

 当地報道等によると、昨日は、野党オディンガ陣営による声明発表後、ナイロビのキベラ、カワンガレ、マザレスラム等で、小規模な混乱が発生したものの、ケニア全土では平穏だった模様です。

 本日午前10時現在、ナイロビを含むケニア全土で、暴動や混乱発生等の情報はありません。引き続き警察が、警戒態勢を敷き、治安をコントロールしています。皆様におかれては、引き続き警戒をお願いします。

○外出時に危険を察知した場合は、帰宅して頂くようお願いします。

○強盗対策のために、住居の戸締まりを確実に行うとともに、車で移動中は窓を閉め確実にロックするようお願いします。

○万が一、暴動に巻き込まれた場合は、速やかに現場から離れて下さい。

○強盗や暴徒に遭遇した際は、逆らわないで下さい。物より命が大切です。

平成29年8月17日

在ケニア日本国大使館

領事・警備班

電話:+254(0)20289−8000

ホームページ:http://www.ke.emb-japan.go.jp/